fc2ブログ
Top Page › フリーランス › ミニマリストにとって、本当に必要なものとは?

2020 · 09 · 05 (Sat) 06:46

ミニマリストにとって、本当に必要なものとは?

ミニマリスト

 

コロナ禍によって、少し下火になったような気もしますが、近年、流行っている考え方です。

 

ミニマリストと言えば、

 

”必要最低限のモノしか持たず、身軽な生活をしている”

 

イメージですよね。

 

ミニマリストの定義は、諸説あると思いますが、

 

「単に、どんどんモノを減らせばいい」

 

というものではなく、

 

「モノは減らすが、必要なモノは備蓄するんだ」

 

という考えの人も、結構多いことが分かりました。

 

現在は、コロナ禍の真っ只中ですので、どちらかといえば「備蓄」のほうに重きが置かれているような気がします。

 

モノだけでなく、お金に関しても同様です。

 

「収入も支出もどちらも減らすべき(小さくするべき)」

 

だと主張するミニマリストもいますが、

 

「(趣味など)肝心なところでは使ったほうがいい」

 

という考え方の人もいます。

 

ようは、ミニマリストというのは、単に「生活の縮小」という意味合いだけではなく、

 

「本当に必要なものを見極める力」

 

が重要なんだと私は認識しました。

 

単に、モノを買わない、お金を使わない、というのがミニマリストの本質ではないような気がするのです。

 

人生の局面では、

 

”使いたいときに使えず、使えるときに使えるモノがない”

 

ということがよくあります。

 

以前、私はこのことをドラクエのゲームに例えて、記事にしました。

 


一言で言うと、人生全体を眺めてみて、お金の使いどき、モノの買いどき、の見通しをつけておくことは重要だという記事です。

 

現在の日本政府は、有事であるにもかかわらず、お金をあまり使わないという点においては、「小さな政府」でも「ミニマリスト」でもなく、単にケチなだけの組織になっているように感じます。

 

ミニマリストにかかわらず、重要なのは、やはり

 

「必要なときに必要なものを見極める力」

 

なのではないでしょうか。

AUTHOR: kazukibi IP: 126.28.210.221 DATE: 09/05/2020 18:55:03 星の雫さん いつもコメントありがとうございます。 私も結構モノが多いので、現在、必要なものと不要なもの、そして、将来、必要そうなものと不要そうなもの、整理中です。
関連記事

最終更新日 : 2021-07-25

Comments







非公開コメント