fc2ブログ
Top Page › 経済 › 日経平均株価がコロナ前の水準に回復!不思議な相場の先にあるものは…?

2020 · 09 · 03 (Thu) 21:57

日経平均株価がコロナ前の水準に回復!不思議な相場の先にあるものは…?

本日の日経平均株価終値は、23,465円でした。

 

この数値は、なんと新型コロナ前の水準と等しくなっています。

 

世の中がコロナで混乱し、倒産や失業者があふれている状況下、ものすごい勢いで株価は回復してきているのです。

 

アベノミクス時代から言われていましたが、実体経済日経平均株価は連動しないことが顕在化してきましたね…。

 

リーマンショックのときは、回復するまで4、5年はかかった記憶があります。

 

このため、今回は世界各国の中央銀行が、かなり迅速な緩和を進めた成果なのでしょう。

 

ようは、お金がジャブジャブと市場に出回っており、それを投資家などが、株を買い進めている状況なのです。

 

これは極めて、不安定かつ危険な状況ですね。(あくまで私見です。)

 

私が以前、予想した10大厄です。

 

新型コロナウイルス熱中症(夏) ←ひどい状況でしたが、ピークは過ぎたかな?

新型コロナウイルス+台風(秋) 台風10号、怖いですね…

新型コロナウイルス+インフルエンザ(冬) ←影響大。インフルの予防接種が鍵…

④倒産・失業者の顕在化・拡大 ←顕在化してますが、実態はもっとひどいのでは…

東京五輪中止の苦渋の決断

⑥新型コロナウイルス+豪雨(来年梅雨)

大阪万博の限定(縮小・延期・中止)

スタグフレーション(物価上昇&不況)の到来 ←ここ!

⑨アフターコロナの復興増税

⑩大企業・中小企業双方での企業再編(M&A) ←少しずつ顕在化してきました

 

この中で、⑧のリスクが大きくなってきた認識です。

 

何かがきっかけとなり、株が売られて、市場にお金がジャブジャブになったとき、物価は上昇し、実体経済は不景気のまま…。

 

まさにスタグフレーション(物価上昇&不況の合体技)です。

 

こうならないように、早く、実体経済が回復してくれればいいのですが…。

関連記事

最終更新日 : 2021-06-21

Comments







非公開コメント