fc2ブログ
Top Page › 社会 › 日本の治水事業は、見直しが必要なのか?

2020 · 07 · 07 (Tue) 09:15

日本の治水事業は、見直しが必要なのか?

九州全域を豪雨が襲っています。

 

あちこちの河川が増水・氾濫し、被害も発生しています。

 

線状降水帯など、天気予報には限界があります。

 

しかし、被災地ハザードマップは、ほぼ一致しています。

 

危険な地域はある程度把握できているということなので、あとはインフラの整備・治水対策です。

 

・川底を深くする(川幅を広げる)

・大型ダムを建設する

・住宅をかさ上げする

 

どれも、ものすごいパワーと時間がかかり、住民の同意も必要となります。

 

設計の基準となる情報も、昭和の頃と現在とでは異なっています。(1時間80ミリの雨が頻繁に発生するようになってきています。)

 

毎年、同じ時期に同じような被害が発生しつつあります。

 

日本の治水事業全体について、抜本的見直しのタイミングにきているのかもしれません。

関連記事

最終更新日 : 2021-06-21

Comments







非公開コメント