FC2ブログ
2021 · 08 · 14 (Sat) 12:13

「信頼」の重要性…同じメッセージでも信頼の有無で効果は決まる!

ご訪問、ありがとうございます。

新型コロナの感染拡大(医療崩壊)もさることながら、大雨という自然災害が日本に襲いかかっています。

大きな被害とならないことを祈っています。

大雨・台風・熱中症・コロナ・地震…

本当に令和の日本はどうなってしまったのでしょう。

科学技術は進展したのかもしれませんが、昭和の頃のほうが幸せだったような気がします。

さて、先日、私は次のような記事を書きました。


”国境を跨いだ大運動会は強行しつつ、国民には自粛を求める”

という、矛盾したメッセージでは国民には伝わらないという内容でした。

今回は、これに少し補足を加えたいと思います。

いくら矛盾したメッセージであっても、信頼できる相手がお願いしているのであれば、言うことを聞くのではないかと思ったためです。

「納期・コストは守ってくれ。ただ、頼むから、品質も可能な限りあげてくれ。」

ビジネスの世界では日常茶飯事な言葉です。

相反しているこの言葉に対して

「無理です。」

と即答する人は少ないでしょう。

「できる限り、がんばらせていただきます。」
「こういう前提で、全力を尽くします。」

信頼している相手であれば、私だったらこう答えます。

ただ、一見さんや信頼できない相手だと「無理です」と回答するかもしれません。

ようは、お互いの信頼なんですよね…。

ここ最近の政府と国民の間については、この信頼がなくなっているように見えます。

「五輪は好きだけど、時期が時期なので中止・延期して。」

国民の半分以上がそうお願いしていたのに対して、政府・東京は耳を傾けようとせず五輪を強行しました。

そうなると、今度、政府・東京が

「お盆の帰省は諦めて。」

とお願いしても、国民の半分は耳を傾けず帰省することでしょう。

お互いの信頼がないからです。

やる気のない記者会見をはじめ、情報隠蔽、給付金、医師会、東京五輪など、利権が見え隠れする状況では、お互いの信頼は遠のくばかりだと思います。

一度なくした信頼を取り戻すのは、通常はかなり難しいです。

コンサルティングの現場ではこのようなケースに陥った場合、メンバー(体制)を変える施策をとることが多いです。

ただ、政府と国民の信頼が薄れている場合はどうするのでしょう。

やはり選挙か…。

関連記事
Last Modified : 2021-08-14

Comments







非公開コメント