fc2ブログ
Top Page › 健康 › 交感神経と副交感神経の切り替わりを実感できる心地よさ

2021 · 03 · 26 (Fri) 16:39

交感神経と副交感神経の切り替わりを実感できる心地よさ

ご訪問、ありがとうございます。

最近、仕事が忙しくなってきたのに加えて、他の人のブログを読むことが多くなってきて、自分のブログ運営が疎かになってました…。すみません。

さて、そんな中、昨日、私は仕事の都合をつけて、平日のスーパー銭湯(天然温泉)に行ってきました。

気持ちいいですね…。

というのは、ありがちな感想なので、少し視点を変えます。

何も考えずに、ゆったりと力を抜いてお湯に浸かっていると、頭の中が真っ白になります。

肉体ではなく、精神を再起動させている感じです。

よく交感神経副交感神経の話がありますよね。

交感神経は活動や緊張を促すもの。

副交感神経はリラックスを促すもの。

これらがうまくバランスして、人間は機能していると言われています。

会社員時代、私は、仕事のことばかり考えていて、交感神経が活発でした。

無職時や新型コロナで自粛していた頃は、仕事から離れていましたので、副交感神経が活発だったのでしょう。

これ…どっちもよくないんですよね。

前者がエスカレートしてくると、働きすぎやストレスで、うつ病のようになってきます。

逆に、後者がエスカレートしてくると、肉体的にもどんどん弱り(太り)、頭が回転しないような感じで、コミュニケーション能力が、どんどん衰えていきます。

両者のバランス、コントロールできることが重要なんだと再認識しました。

その切り替えスイッチのようなものが、私にとってはスーパー銭湯のような気がしているのです。

仕事中は適度な緊張・ストレスで交感神経が優位となっています。

仕事後にスーパー銭湯に行くと、頭の中をリセットすることで、副交感神経が優位となります。

その後、リラックスしたまま就寝し、朝、スーツを着ると、気持ちよく交感神経に切り替わるイメージです。

医学的には全くの素人ですが、なんとなく、この両者をコントロールできていると感じている自分がいることが心地よいのです。

社畜でもなく、完全リタイアでもない、セミリタイアという生き方は、これに近い姿なのでしょう。

私は、この先も、社畜にもなれず、完全リタイアもできない、つまり、セミリタイア(半分働き、半分休む)をずっと続けるんだと確信しました。

そして、これは、私の理想郷(ゆったりと自分のペースで社会貢献すること)にも合ってます。

ここまでたどり着くのに何十年もかかりましたが…。

関連記事

最終更新日 : 2021-07-25

Comments







非公開コメント