fc2ブログ
Top Page › スポーツ › 小学校のドッジボール大会で活躍した少年との思い出

2021 · 03 · 28 (Sun) 19:27

小学校のドッジボール大会で活躍した少年との思い出

ご訪問、ありがとうございます。

本日は少し、私の思い出ばなしにお付き合いください。

*****

今から40年ほど前の話です。

私は大阪府の、とある小学校に入学しました。

私は1年5組でした。

当時、ドッジボールが流行っていて、クラス対抗戦が校内イベントとして行われていました。

クラス対抗のドッジボールで、制限時間内に残った人数の多いクラスが勝ちとなります。

私の属していた5組は優勝候補の筆頭でした。

私自身はたいしたことありませんでしたが、5組には、上手い子がたくさんいたのです。

ドッジボール大会の1回戦。

下馬評通り、5組は4組に圧勝しました。

しかし、私にとっては、どうしても忘れられない試合となりました。

結果的に、5組は圧勝したのですが、4組の一人の少年が、私の記憶から消えなかったからです。

その少年の名前はK君

5組の攻撃に、4組の子供たちはほぼ全滅でした。

しかし、K君だけは負けることなく、仁王立ちして笑みを浮かべていたのです。

K君の体はとても大きく、投げる球も、小学1年生とは思えないほどの剛球でした。

4組は弱かったんですが、彼の剛球には度肝を抜かれました。

ボールに当たると、むちゃくちゃ痛いのです。

「反則だなぁ」「すごいなぁ」

5組の子供たちが、みんな驚いていたのを今でも覚えています。

そして、2年生になった頃、K君は、どこかへ転校していきました…。

*****

時は10年ちょい経過します。

私が大学生の頃、阪神大震災が関西の街を襲いました。

当時、オリックスの選手だったイチロー選手「がんばろう神戸」の象徴として、地域復興に貢献していました。

その頃、小学校時代の私の友人が、私に次のことを教えてくれました。

「小学校時代、1年4組にいたK君、イチローと同じ年にオリックスにドラフト入団したらしいよ。」
「えっ?」

私は驚きました。

ドッジボールで剛球を投げていたK君は、なんとプロ野球選手になっていたのです。しかも投手。

「プロ野球選手になるような人は、幼少の頃から、規格外だなぁ。」

改めて思いました。

しかし、その後、K君は、プロ野球では活躍することなく、数年で引退します。

「イチローと同期入団」というローカルな話題だけを残して…。

あのすごかったK君が、全く活躍できなかったプロ野球。

そんなすさまじい世界で大活躍、しかもメジャーまで行って28年間も活躍し続けたイチロー選手は、改めてすごいと思いました。

そして、私の幼少の記憶から消えないK君。

彼は、今頃、どこで何をしているのでしょう。

少年野球の監督か、体育の先生か…。

私の頭の中では、あの剛球を投げる少年時代の姿しか、思い浮かんでこないのですが…。

関連記事

最終更新日 : 2021-03-28

Comments







非公開コメント